カテゴリ:聞く物( 3 )

「いのちの歌」





  
e0228380_1874293.jpg




  生きていくことの意味
  
  問いかけるそのたびに
  
  胸をよぎる 愛しい人々のあたたかさ
  
  この星の片隅で めぐり会えた奇跡は
  
  どんな宝石よりも 大切な宝物
  
  泣きたい日もある 絶望に嘆く日も
  
  そんな時そばにいて 寄り添うあなたの影
  
  二人で歌えば 懐かしくよみがえる
  
  ふるさとの夕焼けの 優しいあのぬくもり

    
    本当にだいじなものは 隠れて見えない
    
    ささやかすぎる日々の中に かけがえのない喜びがある

  
  いつかは誰でも 
  
  この星にさよならを
  
  する時が来るけれど 
  
  命は継がれてゆく
  
  生まれてきたこと 
  
  育ててもらえたこと
  
  出会ったこと
  
  笑ったこと
  
  そのすべてにありがとう
    
    この命にありがとう

               



                       
                      by 竹内まりや
             



 
e0228380_21502074.jpg
 

  

  大切な人を失った悲しみは いつまでも癒えるものではないけれど
  残された者は 生きていかなければなりません。
  
  
  世の中の起こること全てに 意味があるとしたなら
  大切な人がいなくなったことも 意味のあることにしなくてはいけません。
  そんな残酷な意味がある事を ずっと受け入れることができなかった私。
  
  
  彼女が逝ってから 12回目の秋
  ようやく その意味を受け入れる心の扉が開きかけたような気がします。

  
  いつも自由奔放に 華やかに天真爛漫に
  そしてちょっぴり臆病で 寂しがり屋で・・・
  愛しい女性でした

  出会えてよかった
  
  ありがとう

  いつまでもおぼえているから・・・・



















  
  
[PR]

by acute-97 | 2014-09-30 21:56 | 聞く物

条件反射


 USJに行くと必ず行くのが SNOOPYタウン
  大きな声では言えませんがSNOOPY好きの私としては
  ウッドストックが空を飛んでいたりでとてもかわいいレストランで
  たまらなく幸せな気持ちになるのです。

  そこのレストランにはメニューに大きくビールとは書いていないのですが
  こっそり聞くとちゃんと奥にあるのです。
  USJの中でも低年齢層ターゲットのその場所には
  不釣り合いな酒飲みのおばちゃんは
  いつもひたすらそこでひとり飲み続けてみんなの帰りを待っています。

  その時ずーーーーっとかかているJAZZがあります。
  その曲は一度聴いたらすぐに聞き覚えしてしまう 
JAZZにはめずらしく爽快な アップテンポな曲です。
  これから何かがはじまる!わくわく!て感じの・・・
  
  ある日 町を歩いてる時にその曲が聞こえてきたのです。
  思わず音の聞こえる方へ吸い寄せられ行ってみると そのCDが売っていいるではないですか!
  
  なんとUSJでかかっていた曲は 
Vince Guaraldiと言う人のLinus and Lucyという曲だったのです。
  ほかにもCharlies Blues などピーナッツの仲間達の題名の曲が入っています。
  うぅ!なんて素敵!!
   さそっく購入しました。

e0228380_2347452.jpg


  家で聞いてみると のどの奥がぁ・・・
  
  ビールのみたい!!!

  パブロフの犬 状態の私でした。
[PR]

by acute-97 | 2011-10-09 00:19 | 聞く物

夏の嵐

  
  
e0228380_0211035.jpg


  ものすごい迫力のピアノです。
  夏の暑さも吹っ飛ばすそんなCDです。
  
  こんな風にピアノを表現することも 出来るのですね。
  ちょっと感動もの!!
  ピアノジャックさんの「風神雷神」です。
[PR]

by acute-97 | 2011-08-06 00:29 | 聞く物