<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カエルの子は・・・ kawaii


   マトリョーシカといえばロシアの人形に決まってますやん

e0228380_0113561.jpg

   
   そやけどええやん
   カエルでも・・・・

e0228380_0124743.jpg
   
  
   けったいな顔したカエルやけど・・・・

e0228380_0133650.jpg
   
  
   まだでてくるで!

e0228380_0143081.jpg

   
   ほらな!

   
   ん???




e0228380_0153881.jpg
   
   
   なんなん?
   忘れられたん?

   
   しゃあないお絵描きの先生にかいてもらいんかぁ~~

   
   ぇえ~~~???
   ほんまに先生ですか?
   



e0228380_033593.jpg
   
  

   なんで?あかん??
   おたまじゃくしやん!!!!
[PR]

by acute-97 | 2012-02-27 06:18 | カエル

春到来

  


  今年の冬はホントに寒くて長いですね・・・
  きっと毎年こんなもんだったのが 暖冬続きだったから余計ですよね。

 
  毎年 少し暖かさを感じたら 思い出して慌てて出すのが 雛人形。
  特にうちは娘二人だから ひな祭りは毎年大イベントです。
 

    私は一人娘だったので 実家には七段飾りの雛人形があり
    早く持って行ってと 言われながら
    あの階段みたいな台を 組み立てることを考えるだけで 気が重くなるし 
    しかもしまい遅れると 嫁に行き遅れるとか
    昔のおばあが 嫁をさぼらせない為か 脅迫めいた迷信があって
    毎年母がスンごく不機嫌になりながら
    「あなたのためにこんな大変な思いをさせられてる」
    みたいなことをさんざん言われながら 片づけを手伝わされて
    そんなだったら出さなくていいのにと 毎年思っていたのです。

    だから娘が出来た時も そんな大きな物置くとこないし いらんいらん!
    とかたくなに拒否し持ってこなかったのに
    初孫の初節句だからといって
    じゃあと お内裏様とお雛様だけのセットだけでもと デパートから届いたのです。

    結局そのお雛様は 前のマンションの時に何度か飾って
    今の家に越してきて 納戸から一度も出してはいないのですが
    せっかく両親が買ってくれたものだし
    そのうちゆっくりと出そうと思っています。


    そして毎年出すのが 義父がくれた一刀彫の小さな雛人形。
    一つ一つ描かれた小さな人形たちは すべて台にしている箱の中にしまえる様に
    なっているので かさばらないし 出すのもしまうのもストレスがなく
    彩りもあざやかで上品で 私のお気に入りなので 飾る時にテンションがあがります。

   
e0228380_1158543.jpg
 

きっと義父は その時すでに 横着者の私を 
    見抜いていたんだろうと思います。

    義父から貰ったものはたくさんあるのに 
    この雛人形を出すと 息子しかいなかった義父が私の嫁いだ年に 
    嬉しそうに「開けてみ」と差し出した笑顔を思い出します。

 
e0228380_121589.jpg

    

いつもあちこち連れて行ってくれ「うちの娘ですねん」と必ず
    私を紹介してくれていた亡き義父。
      
えっ??娘さんいはったんですか??と
    聞かれたら いたずらっぽく微笑んでいた義父でした。
[PR]

by acute-97 | 2012-02-26 01:21 | キュートなお気に入り

魅惑の水玉



   草間彌生さんの作品といえば
   直島という島にある大きなカボチャのアートを知っているだけでした。
   穏やかな瀬戸内の風景の中に突如として現れた異質なモニュメントは
   当時の私にとてもインパクトのあるものでした。
   
   今回 国立国際美術館でみた草間彌生展は さらに素晴らしいものでした。
e0228380_23381530.jpg
   
  
   彼女は小さい頃から幻覚が見え その幻覚から逃れるために
   ひたすら絵を描き続けたと言います
   それが同じ形が永遠と繰り返される形であったり 
   とめどない水玉だったりするのです
e0228380_23394485.jpg

   その後 精神科医の西丸四方や瀧口修造との出会いによって 50年代に単身NYに渡米し
   次々と活動の場を広げて行きました。

   彼女の絵をじっくり見ていると
   いつの間にか自分自身も何か違う世界に引き込まれたようになって 
   ふと我に返ると 今私は何を考えてこの場にいたかしら?と
   まるでトリップをしたような不思議な感覚に襲われました。
e0228380_23512491.jpg

   80歳を過ぎているとは思えない斬新さ 
   おしゃれな感覚は 昔なかなか受け入れてもらえなかった彼女の感性が
   今やっと時代にマッチしたのではないでしょうか?
   
   生い立ちを知るとポップアートやアバンギャルドな作品と言ってしまうとあまりにも
   軽々しいいい方に思えてしまうそれは苦悩な幼少時代だったようです。
 
   今でこそ個性を尊重する時代になったけど 目立つことをすればとがめられ
   みんなと一緒でいることを強制された幼少時代が 窮屈でつまらなかったことでしょう。
   
   でも いい子でいなくちゃと言う強迫観念に負けて その他大勢の
   結局無難な 普通の人生を歩むか・・・

   それでも描きたい 表現したい 想いを貫き通した草間彌生はやはりすごい・・・・
   
   
   
   一緒に出かけた大学時代の友人と・・・
   
       ここまで いってしまわなあかんな・・・私らまともすぎやわ・・・


   はりっきって水玉の服着て
   電車の中でふりかえられる そんなもんじゃ甘いってこと・・・・



















   
[PR]

by acute-97 | 2012-02-24 00:04 | 美術館

ガラゴな足


    下の娘が小さい頃に 幼稚園の図書室で借りてきた絵本が
    島田ゆかさんの「うちにかえってきたガラゴ」でした。

e0228380_9111970.jpg


    ガラゴは たびするかばんやさん
    いつも みぎとひだり いろのちがう くつをはいています。
    ひさしぶりに 家に帰ってきたガラゴに 
    たくさんのお友達がやってきて 楽しくすごします。
 
e0228380_9115746.jpg
   
    
    とてもかわいい登場人物に 細かい描写の背景
    そして 楽しいストーリー

    娘も私も すっかり島田ゆかさんのとりこになりました。


    
    もう ご存知の方もおられるかと思いますが
    私は 気持ちはとても几帳面なのに 行動がともなわないタイプ

    いつも不思議なぐらい 靴下が片方なくなるのです。
    私んちの四次元ポケットには間違いなく 
    片方だけの靴下と 片方だけの手袋と 使いきっていないラガールカードが
    わんさかと入っていることでしょう。

    
    「ままー!くまさんの靴下が片方しかない!」

    ほんなら うさぎさんの靴下はいといてー!

    「ままー!うささんの靴下も片方しかない!」

    ほんなら くまさんとうさぎさん一緒にはいといてー!

    「えー!おかしいやん?!」

    かまへん かまへん くまさんとうさぎさん なかよしやし
                ズボン履くから わからんてー

    「かわいい!まま!みて!ガラゴみたいや!」

    しめしめ これは楽チンと思ったものの 
    しまいには スリッパまでどっかいったー!と言ってガラゴになっている始末・・・
    そのうち靴までガラゴになりそうな勢い!
    
    
    ある日仲人さん宅へ 年末のご挨拶
    玄関先で失礼するつもりが 
    「せっかく来られたのだからお上がりになって!」と勧められ・・・

    「まぁ 奥様はいつも素敵ですこと!おしゃれなブーツですわ!
      どちらでお買い求めになりますの? やはり海外で?」

    いえいえ そんな奥様!そのへんのお安いお店ですわ オホホ・・・と
    しまむらのブーツを脱いだ瞬間・・・・・

    し・しまった・・・・
    ガラゴできてしもた!!!!!!

    すばやくスリッパを履いたものの・・・・
    いつも パンストの上からでもペディキュアを褒めて下さるおしゃれな奥様が
    見逃す訳がない・・・・

    「あら!素敵!ほんと 奥様はいつもおしゃれですわぁ~~!!」と
    とても心優しいお言葉をかけて下さったのです

     おほほ・・・・














    

Moreほかにも・・・
[PR]

by acute-97 | 2012-02-16 09:25 | 読み物

新しい門出 kawaii



   IKEAで見つけました。
   
   以前にケチャップを
   今回マスタード

   二つを並べたら なかなかお似合いです。
   ここに新たなカップル誕生!


 
e0228380_835557.jpg


  お互いどんなところに?

    甘いのに ちょっぴり酸っぱいやさしさです。
    でも人を食ってきたと口のまわりにつけるのは やめてくださいね。

    ひりりと辛いのに なくてはならない存在感です。
    でも爆弾ゲームとかいって 餃子の中に包むのはやめてくださいね。
[PR]

by acute-97 | 2012-02-13 08:14

私をみていて!

   アトリエアキュートでは毎年バレンタインデーが近づくと
   バレンタイン用のプレゼントを作ります。
   今年は自画像です。
e0228380_8453068.jpg


   フレームも想い想いのそれぞれの色をつけて
   自分の顔とにらめっこ。
e0228380_921120.jpg

   
肌の色も髪の色もみんなそれぞれちがうよー!
   あれやこれやと色を混ぜてこんなかな?もっと黄色いな・・・
   くちびるは?
   などと 一生懸命です。
e0228380_90752.jpg

   女の子はおとうさんへ
   男の子はおかあさんへ
e0228380_904298.jpg
   
   田舎のおじいちゃんに送りますという方も!
e0228380_925974.jpg

   今しか描けない自分を 大事にとっておいてあげてくださいね
e0228380_9447.jpg

   
  


 高学年の女子の話・・・
    「これって 彼氏に自分の顔描きましたってプレゼントしたら まじひくよね!」
    「うん!ん!まじひく!まじきもいよ!うち やめとく!」
    「おとうさんで ええかぁ・・・」

   ん~~~~~~?????
   先生は密かに聞いていたぞ!
   
   彼氏~~~?????
   
   
   まじっすか???
[PR]

by acute-97 | 2012-02-09 08:49 | アトリエアキュート

お年頃



にっこりおすまし顔が キュートなキーホルダー!
 よく見ると 身体の部分にリップクリームが入るしかけになってます。
 
 
e0228380_23182956.jpg


  これはゴルフに行くときにラウンドポーチに着けるとかわいい!と思って買ったのに
  娘が「ママが付けんの?! イタイで!私にちょーだい!」と とられてしまいました。 


  中1のくせにリップクリーム?!
  そういえばこの間 学校から帰って来た時
  唇がギトギトで
  「帰りにから揚げくんたべてかえってきたやろ!!」って言ったら

  「ちゃうわ!!!!!!」って怒ってたなぁ…

  寝る時「手つないで寝よー」っていうくせにさぁ・・・・
[PR]

by acute-97 | 2012-02-07 23:32 | キュートなお気に入り

お守り

   何度も言っていますが 今年は年女
   
   小さい頃「昔から自分の干支の物を何か身につけるとお守りになるからいいのよ~」と
   おばあは小さなヒョウタンを覗くと龍が見えるお守りをくれました。
   守って欲しいのは欲しいけどダサいのはいややぁ~ん?!と
   むげに引き出しの中に入れっぱなしでした。
   卯年や戌年ならかわいいものはあるけれど
   龍はなかなかかわいいのがありません。

   今年なら龍ものが色々あるのではないかしらとさがしていたら
   龍のネックレスをみつけました!!
   きゃ~~~かわいい!
   なんておしゃれなの! 
   これなら守ってくれそうやん!!
 
   でも・・・
   お値段がかわいくない・・・・
   アナスイだから?
   ファインジュエリーならともかくイミテーションにこの値段はね・・・・

   いつもなら即決買いをするところ
   めずらしくあきらめて帰りました。
   一応主婦ですし・・・
   えせセレブなもんで・・・


   でも・・・
   あんな龍のデザインは他にないよね・・・
   他をさがしたって絶対ないわ!
   そうよ!!
   色も私好みのパープルにピンク
   今頃 ブサイクな辰歳の気のきつい女が首にかけてるわ
   店員は「とってもおにあいですわ 今年は辰年ですし縁起ものですわ」
   などとすすめているのだわ!
 
   あなたには似合わないわよ!
   その龍のネックレスが似合うのは辰年の女の中では私だけよ!!!
   アイム キングオブ ドラゴンウーマン!!!
   (相手は日本人ではないのか?)
 
     
   そんなおつげがあったので
   私は再びアナスイのアクセサリー売り場へ・・・
   
   なかったらどうしよう?
   竜馬とか龍司とかいう男が 彼女に
   「俺の名前には龍がつくから龍はおれの守り神さ!
     それをお前の首にかけてくれよ!愛してるぜ!」
   なんて言ってバカな男がプレゼント用に買っていったらどーしよう??
     (今どき・・ぜ!・はないやろ)
   
   売り場まで小走りで行き 見つけた時のうれしさといった!!
   やっぱり縁があったのよ!
   私の首にかかるために・・・・
   待っていたのね!
   鼻息を荒らしながら突然走ってきてネックレスを握りしめ
   「こ・これ下さい!!」と叫んだ私に店員さんはちょっと後ずさりをしていました。

   
e0228380_8525432.jpg

   
   やっと手に入れたこのネックレス
   今回学んだこと・・・

   欲しい物はその場で買いましょう!

  
e0228380_8573924.jpg


  あまりにも嬉しいので 使わないときには石膏像にかけてます
  いまだ家族は気付いてないけど・・
  男前に お似合いです~。

  
  すばらしいお守りを手に入れたので
  これで今日から私は無敵な女!!!
 
  ひかえおろぉ~~~!!!この龍が目にはいらぬかぁ~~~!!!  
[PR]

by acute-97 | 2012-02-04 09:09 | キュートなお気に入り

バブルのアート



e0228380_17265574.jpg


  バブル全盛期のあの頃 
  東京へ出張に行ったある日 青山を歩いていたら 
  凄い人だかりの店に長い行列が出来ていました。

  興味深々でも 列に並ぶなんて関西人魂がゆるさなくて
  ずかずか店の前までいって 思いっきりのぞきこんだのです
  それが今いま思えば 「キース・へリング」のポップショップでした。

  はは~ん 東京は田舎者ばっかりやから 
  こんなこどもの描いたようなイラストに 行列まで作るのだわと
  田舎もんの私は そう思いながらも
  何か新鮮で インパクトのあるそのアートが 気になりました。
  
  その後ニューヨークでの彼の活動を知り
  作品をちゃんと見てみたいなと思っていました。
  が・・・何カ月かして東京土産に
  ハイハイしているラディアントベィビーの マグカップをもらった時には
  しっかりと安っぽいブランドになり ここまで有名になったんだと・・・
  なんだか そのマグカップはとても陳腐なものに思えたのです。
  
  まるで授業中に 教科書の角に描き続けたパラパラ漫画の様な 
  誰でも描けそうなモチーフに目を着けて 
  上手く商売の戦略に乗せたわねと
  なんだか面白くない気持ちでした。

  私の性格がいがんでるのか
  そっれきり キースへリングを封印してしまいました。

  日本でブームになったものは すぐに飽きられ
  最先端=おしゃれ→→流行遅れ=ダサいとなり
  いつの間にか パチモンのグッズも街から姿を消しました。


  あれから23年・・・
  家のすぐ近所の公園の掲示板で 
  不釣り合いな蛍光色なポスターを見つけました。
  それは伊丹市立美術館で開催されている キース・ヘリング展のものでした。

  なぜだか とても甘酸っぱい気持ちになり 行ってみました。

e0228380_0253373.jpg



  久しぶりにみると とても新鮮でした
  
  そして 彼が活動を始めて32歳にエイズで亡くなるまでの 
  全ての作品と日記を観ながら ひも解いていくと
  とても奥深い意味がありました。

  彼がなぜ サヴウェイ・ドローイングを長い間続けたか?
  どうして ポップショップを開いたか?
  

  「アートはみんなのもの」
  「大衆はアートを観る権利がある」
  「大衆にはアートが必要だ」
  「アートは大衆を無視した 少数のブルジョワのために作られるべきではないいんだ」

   恥ずかしいくらい何も知らなかった私・・・
   でもあの時 何人の日本人達が彼の本当の作品に対する思いを知って
   あの行列にならんでいたでしょう?

  もし少しでも彼の事をバブルに上手に乗っかった商売人と思う気持ちがあったら
  ぜひ観に行ってください。
  (そんなひねくれた見方をしていたのは私だけかもしれないけれど・・・)
  彼の本当の伝えたかったメッセージを感じ取れるはずです。
  答えはあなた自身が感じてください。
  
  特に 前から見たかった彼の原点
  ニューヨークの地下鉄の広告版に落書きして メッセージを大衆に伝え続けた
  「サヴウエィドローイング」が今回観れたのはちょっと感激です!
  やっぱり 面白い!好きです!
  でも結局・・・ 
  どんな奥深い意味があれ
  その作品が好きかどうかで いいのですよね。

  ニューヨークと言えば
  プライベートで初めて一人で行ったのがNYでした。
  地下鉄は絶対乗ってはいけないと言われたら 乗りたくなるのが私です。
  遭遇したかったな キースの落書きに!
  ドキドキの想いは今でも覚えています。
  刺激的な街での刺激的な自己表現・・・
  マンハッタンではなんだって出来そうな なんだって手に入りそうな魔法がありそうです。
  その魔法にみごとにかかったキース・・・
  昔 好きでなかったのは魔法にかかることなかった私のジェラシーかもしれません。

  
  
  でも・・・
  結構 ボロもうけしたんちゃぁうん??
  やっぱり私 ひねくれてる?!






  開催している伊丹美術館の周辺もとても素敵です
  同じ敷地内にある伊丹郷町館は
  重要文化財に指定されている江戸時代の酒蔵で 今梅盆展やってます
 
  
e0228380_0324191.jpg


 なんと樹齢100年の梅です
  
e0228380_0335432.jpg


 
  キース・ヘリング展は
  2月26日までやってます
  中小学生以下はココロンカードで無料で入れます

  寒い冬 お子さんと一緒に行かれてはいかがでしょうか?
  
  あったかいハートになれますように・・・・













 
  



  
[PR]

by acute-97 | 2012-02-02 17:47 | 美術館