<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お婿様


  ある日ピンポ~ンと宅急便がやってきました。
  大学時代の友人からの小さな荷物
  何???
  開けてみるとなんとそこには!!!!!
  お婿様が入っていた!!!

  荷物送り主のかけちゃんは
  私のホームページのイラストも描いてもらったイラストレーターで
  最近自分の描いたイラストのモチーフをフエルトで人形に作っている器用な人です。

  彼女のブログにこんなのを作りましたと
  とてもかわいいカエルの王子様の人形が載っていました
  カエルの王子様花嫁募集中!
  とのこと
  きゃ~~~!!!なんてかわいいいの~~~!!!
  カエル好きの私にはたまらない人形で思わずコメントに 
  「うちの婿にぜひ!それ売って下さい」と入れたのです
  すごく手が込んでいて丹精込めて作った作品だからきっと手放したくないだろうと
  あまりにもあつかましいお願いと思っていたのでしたが・・・

e0228380_21305782.jpg


  それが!!!!
  ほんとにうれしかった!!!
  私みたいなケチは特に自分が作ったものを人にあげるのが名残惜しくて
  よっぽどでないと手放さないのですが
  いともあっさりと いつも洋服もらってるからって・・・
  かけちゃんとこの娘さんがうちの娘の3歳下なので
  着れなくなった者をまわしているだけなのに・・・
  
  そんなんで喜んでくれるなら・・・といつもとても謙虚なかけちゃんです
  傲慢な私はみならわなくては・・・
  ほんと そのかけちゃんの気持ちがとてもうれしくてじ~んと来てしまいました

  そう思えば彼女とは学生時代 歩いて3分ぐらいの女子寮にお互い住んでいて
  ほとんど毎日行き来して
  いつも夜な夜なぺちゃくちゃ しゃべりたおしていました
  多感な青春時代の全てを彼女と語り明かしたといっても過言ではないでしょう。

  同じゼミだったのに大学では全く会うことなく
  会うのはいつも夜中でした
  私の寮は共同風呂で10時までで門限をすぎて帰るとお風呂に入れません
  かけちゃんちはお部屋におふろが付いていたので
  夜遊びした日には お風呂入れて~!とバスタオルを持って
  しょっちゅう入れてもらってました
  失恋してやけになって酔っ払って夜中ずーと付き合ってもらったり
  ミナミで的屋のパンダ蹴ったり・・・

  卒業してからも夜な夜な長電話して・・・
  いまだに彼女と話すと次の日腹筋が痛くなるほど笑かしてくれる楽しい人です

  昔からお世話になりっぱなしだったのにまたまた
  こんなわがまま聞いてもらって 
  どんな恩返しをしたらいいのでしょう・・・

  
  ありがとう
  この王子様大切にします
  必ず幸せにします
  

    
  

  
  
[PR]

by acute-97 | 2012-04-28 21:43 | カエル

taxi !!!


  マンハッタンを走るyellowcab 
   クラクションを鳴らしても 渋滞がスムーズになるわけでもないのに
   やたら鳴らしまくるウンちゃんたち!
e0228380_2071871.jpg


   街のガタガタ道を とび跳ねながら飛ばす!飛ばす!!
   長距離だと急に愛想良くなるのは
   どこも一緒やね

   yellowcab 見たらテンションあがってしまう~~~!
   NYが呼んでいる~~!!!



















   
[PR]

by acute-97 | 2012-04-17 20:08 | キュートなお気に入り

桜の散るころ

   

    私が育った場所は 甲山を背景に桜並木が続く美しい住宅地でした。
    庭には大きなしだれ桜があり 通りに面してソメイヨシノが3本ありました。
    今でこそ「学園花通り」なんてしゃれた名前がついていて
    私はその道が大好きでバスには乗らず毎日歩いて通っていました。
 
e0228380_1853234.jpg
 
   

    毎年桜が満開になる度に いつか嫁ぐ日は桜の花道を通ってお嫁に行きたいと
    ずーっと思っていました。

    でもその夢は叶えられず 蕾の固い桜を惜しみながら私は嫁ぎました

    私の母は合理的なのかドライなのか自立心が強いのか
    小さなときから どんなことがあっても一人で生きていけるように
    人に依存せず 自立し 何があっても人のせいにせず
    全ての責任は自分にあると心がけなさいと
    私が甘える隙を与えることなく とても厳しく教えていました。
    ただし親として必要な物は惜しまずだしましょう
    と なんの不自由もなく育ててくれました。

    そんな母が新婚旅行先のホテルに手紙を送ってきていました。
    その手紙には結婚式でみなさんが沢山祝福をして下さってとてもうれしかったこと
    あなたを嫁がせてやっと肩の荷が下り親の役目が終わった・・・などなど綴られていて
    最後に 家の桜の花がほころんできましたが今年はイヌ達と一緒に観ています
    と締めくくっていました。
    
    母が何を思ってわざわざ旅先に手紙を送ってきたのかわかりませんが
    縁側で2匹の柴犬と寂しそうに桜を見上げている母の姿が浮かび
    新婚旅行から帰ると慌てて実家に帰りました

    「ただいま~!」と努めて明るく叫ぶと
    「あら!いらっしゃい!ひとみちゃん!」と明るい顔
    そして自分の部屋にいくと
    私の残していた荷物はすべて処分され新しい家具が置いてありました

    唖然とする私に
    「あなたが来た時にはソファがベットになるから泊る事も出来るわよ」とあっさり・・・

    普通お嫁に行ってもうちの子に変わりはないからいつでも帰ってらっしゃい
    あなたの部屋はそのままにしてるから・・・とか言うて涙ぐむんちゃうの?

    「だって~あなたはもう うちの子じゃないもの 帰ってこんといてよ」

    あの手紙を受け取ってから今日までの私の思いはなんだったんだろう・・・

    寂しいのを通り越してあきれて私は帰る事にしました。

    いつも私を見送る時 行ってきまーすと手を振ると次にふりかえった時には
    母の姿がありません。

    「じゃ またね」
    外は桜の華吹雪・・・

    いつもふりかえると母がいないことに寂しさがこみ上げるのでいつの間にか
    ふりかえらなくなった私。

    随分通りを過ぎてふと ふりむくと母は玄関の門の外まで出て私を見送っていました。
    私が手を振ると母は子供のように大きく手を振っていました。

    何見てんのよ はよ入りや

    愛情表現が下手な母と私・・・
     

    毎年桜が散りだすと 華吹雪の中 母が短い手を振る姿を思いだします。

















    

   

    

    

    

    
   

     
[PR]

by acute-97 | 2012-04-14 19:01

舞妓ツアー

   
   以前私の誕生日に 新世界ツアーを企画招待してくれたお友達の
   お返しバースデイツアーに行って来ました。

   彼女は色んな場所や美味しいものをよく知っているので
   今まで経験したことがない事をと思い 色々と考えました。

   桜の綺麗なこの時期に京都は小旅行気分でもりあがりそうです。
   
   京都と言えば舞妓はん!
   2人で白塗りをしてお着物来て一日舞妓体験というのはどうだろう??
   想像してみたけれど ちょっと無理がある・・・
   やったみたいのは山々ですが小さな頃から
   人に迷惑をかけることはしてはいけませんと育ちました。
  
   ここは潔くあきらめ 本物の舞妓はんを観にいく!
   京都演舞場で毎年春に催される「都をどり」を観に行くという
   京都舞妓はんツアーを計画しました。

   まずは腹ごしらえ
   家族がもともと京都の出身で よく小さい頃おばあに連れられ
   夏にはどじょう鍋を食べに来ていたという 地元の鰻屋さんで
   錦糸卵たっぷりの舞妓丼と呼ばれる鰻丼とビールにはじまりました。
   鰻がふわふわでおいしゅうございました。
e0228380_11342370.jpg

   

   そこからブラブラ河原町筋通りを上り八坂さんへ
   お花見客の為に沢山の縁日が出ていました
   屋台をみるとやたらテンションあがります!
e0228380_113604.jpg



   八坂神社でお参りを済ませ円山公園へ
   すぐ近所のお寺に20年以上お墓参りに通っていても
   ニュース以外で桜が咲いているのを 観たことがなかったのです。

e0228380_11374647.jpg


   まだとても寒い中桜も7分咲き 
   公園の奥の方のマイナーなしだれ桜もなかなか美しかったです。

e0228380_065824.jpg


   ちょっといっぱいひっかけていく?と桜の下でまた一杯
   飲む事と食べる事に目がない 中身がおっさんの二人は
   途中で買ったまめせんべいをぼりぼり食べながら ワンカップ熱燗でいい気分!

e0228380_0105644.jpg


   花見小路までブラブラお散歩していよいよメインの「都をどり」です
   沢山のバスツアーがやってきていました
   今はアジアの外国人の方たちが多いですね。
   まさしくザ・ニッポンです。


e0228380_0115330.jpg


   踊りの前に舞妓はんがお抹茶を立ててくれはります。
   とらやのおまんじゅうを食べてお茶をいただきました。
   お皿はお土産で持って帰れるのです。
   昔祖母が通っていたので うちにはこのお皿が何十枚とあります。
   
e0228380_0133246.jpg

   
   お茶席を待つ間お庭に出て写真撮影
   こんな都会にこんな広いお庭があるのかとびっくりです。

e0228380_0173751.jpg
   

   そしていよいよ 都をどりの観賞です。
   「よ~いやさぁ~」の掛け声とともに
   沢山の舞妓はん達が美しい衣装で現れ京都の四季を踊ります。

e0228380_0185415.jpg
   


   たまたま隣にすわった方がたぶんお茶屋のお母さんか元芸妓はんで
   しゃべってはるの聞き耳をたてていると
   舞妓はん達の衣装は毎日終わったら次の日に着る舞妓はんのところへ
   男衆が持っていくそうです。最後の方は衣装もボロボロになるそうです。
   舞妓はんは4交代制で今日の笛の子は上手どすわ~と感心されておりました。
   
   芸妓はんの中でも特に艶っぽい踊りの優雅な方やなと思っていたら
   お隣さんによるとかの有名な佳つ乃さんらしいです。

   最後は櫻づくしの華やかで優美な幕でした。

   おどりや歌いなど 専門的な知識は全くありませんが
   きらびやかで美しいものはホント心癒されます。

   本来ならその後 お座敷で芸妓遊びでもしてみたいところですが
   何分えせセレブ・・・
   夕方5時をすぎると魔法はとけて・・・
   晩御飯ごしらえが待っているのでした。


   でもいつかは やってみたいな
   自分で稼いだお金で 芸妓あそび!
   やっぱり こころはおっさんどす~!


   



  
[PR]

by acute-97 | 2012-04-12 00:40 | お出かけ

大人買い



    春休みもあと少しで終わり・・・されど長い・・・
    
    こっちが仕事や家の用事でバタバタしていても
    宿題も塾もない二女は ほっとくと
    一日TVを観ているかゲームをしているのです
    
    ちょっと私の姿が見えなくなると ママ!ママ!どこ?
  
    あ~~~たまらん!ストレス解消にはお買い物が一番!

    こんなかわいいコップを見つけて・・・
    どの色が良いかな…
    え~~~い全色かってしまえ~~~~!!

    「ママ!全部買うの??すご~~~~い!!!」
    「そーよ!!!!買っちゃうわよ!!」とドヤ顔!!!

 
e0228380_2136761.jpg


    春らしくってかわいい!


    早く始まれ!新学期!!
[PR]

by acute-97 | 2012-04-05 21:41 | キュートなお気に入り

出不精娘


  春休みの毎日
   上の娘はクラブ活動で忙しく下の娘と2人・・・
   昨日と同じ今日なら生きている意味がないと毎日感動的に暮したい私
   ずっーと家の中でぼ~~~として毎日同じことをして変化のない事が幸せな下の娘

   「ねーねー!お仕事終わったらお買い物いこうよ」
   「いやや 家で待ってる」

   「映画観に行こうよ」
   「ん~別に行きたくない」

    かといって留守番させると
   まだ~~~?いつ帰ってくるの~~?の電話やメール攻撃

   バッティングセンターかゴルフのうっちっぱなしぐらいしかホイホイついてこないのです。

   たまら~~~ん!!
   嫌がる娘をポップコーンでつって無理やり映画に連れだして観たのが
   
   「ヒューゴの不思議な発明」
 
e0228380_02742.jpg
 
  
   久しぶりの感動・・・・
   1930年代のパリが舞台 
   駅の時計台に隠れ住むひとりぼっちのヒューゴは父が残した壊れた機械人形を
   修理していくうちに過去の夢を捨ててしまった老人の秘密を知ってしまうのです。
   その謎を解き明かすうちに老人の心も「修理」されていくという心温まるストーリーでした。

   何より私を魅了したのは映像の美しさ!
   時計台のゼンマイだらけの現実離れした空間の中から見えるパリの景色
   老人の働くおもちゃやさんのお店のインテリア
   老人が作っていた昔のサイレント映画
   図書館や博物館などの建物の優美さは3Dによってさらに増し
   いつの間にか自分もその世界の中にいるようでした。

   最後の感動場面では娘も涙ぐみ
   おもしろかったね
   よかったねとご満悦でした

   おこちゃま映画と思いきやホント奥深い素晴らしい作品でした

   帰りにはこびと図鑑のシールを買ってあげると
   ほんとに買ってくれるの??
   いいの?いいの?と何度も聞き直しホクホク顔
   また行きたい?の問いに
   「うん!!!」

   しめしめ これで遊び友達が一人増えたぞ!












   
   
[PR]

by acute-97 | 2012-04-02 23:59 | お出かけ