<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

12月のスクラップブッキング


   なんと一年早いものでしょうか?
   ついこの間 今年は辰年 最強の年!と言っていたのにもう終わりですか?
   まだ何にもしてないんですけど・・・
   あと1カ月で数々の目標達成出来るでしょうか?
   11カ月かかって出来なかったものが出来るわけがない・・・
   ですよね~~

   12月と言えば私の誕生日!ではなくクリスマスですよね。
   浄土宗でも真言宗でも 目が青くなくてもサンタさんはうれしいものです。

e0228380_0134989.jpg


   みなさんはサンタさんをいくつまで信じていました?
   私は秘密のあっこちゃんのテクマコマヤコンという変身コンパクトを頼んだのに
   なにやら羊が洋服着たわけのわからんぬいぐるみをもらった1年生の時に
   怪しいと思ったのですが
   2年生の時に クリスマス前にみつけてしまった押し入れの中のプレゼントは決定的で
   すごくすごくショックを受けたのを鮮明に覚えています。

   うちの娘たちはとうにサンタの存在は知っているはずなのに
   プレゼント欲しさにサンタさんとパパとママと3つもらえる~とほざいています。

   いい子にしている私にも ちゃんとサンタはいて去年は
   シャネルの赤いお財布下さ~いと頼んでいたのに 
   シャネルは売り切れてました~~
   と家族にお返事があったそうで ちがう赤い財布が届きました。

   サンタさんは阪急御用達らしいです。

   今年はパリ5泊7日の一人旅をお願いしてるのですが
   売り切れていたら
   スーパー銭湯 入り放題の回数券とかが届くのでしょうか?


e0228380_23541850.jpg


   ということで12月のスクラップはJOYのクリスマスミニブックです。

   今回はsimple storiesのペーパー[handomade HOLIDAY]を使用しました。
   
e0228380_23553948.jpg

   表紙を開くと写真が4枚ほど貼れるスペースがあります。
   人物の写真だけでなく
   サンタにもらったプレゼントや オーナメントをアップで撮ったりしてもいいですね。

   今年最後のレッスンになります。
   皆さまの楽しいクリスマスのお話を 楽しみにしております。





































   
[PR]

by acute-97 | 2012-11-24 22:53 | スクラップブッキング

伝えたかったこと

   昔からハチャメチャだと言われたこんな私ですが なぜかいつも人に恵まれてます。
   人生の節目やピンチには必ず強力に助けてくれる人がいて
   自分でも後でへ???という風に全てが良い方に流れていくので
   はたから見ていても 「あんたってラッキーよな~~」とあきれられます。

   そんな中でも私がさんざんお世話になった杉浦先生は私の中でも特別な方でした。
   私は小さい頃から 沢山のお稽古事をさせられましたが
   どれも長続きせず お絵描きは唯一その中で続いたもので 
   私は中学2年生から杉浦先生のアトリエに通うようになりました。

e0228380_18132129.jpg

   
   苦楽園のアトリエは子供の私には大人の世界で 
   私が帰る時間帯になると沢山のアーティスト達が集まり 
   ワイワイガヤガヤと何か楽しそうでいつも賑わっていました。
   ペインティングオイルの匂い パイプの香り 裸婦モデルの香水の香り・・・
   幼心に その華やかな背伸びした時間が心地よかったものです。
   
   お正月には卒業生たちが先生のサロンに集まりニューイヤーパーティをしたものです。

   今だから言えますが
   中学生の反抗期のころ 家に帰りたくなくていつも学校帰りに行くのはアトリエでした。
   アトリエでひたすら絵を描いていると心が落ち着き癒されました。

   先生はいつも「君はおもろいな~~もっとハチャメチャやらなあかん。
          君らしくいかなあかん!」といつも私の人格の全てを認めてくれてました。

   高校2・3年のころは担任の先生とそりが合わず 
   仲のいい友人も全員クラスを離され 初めての失恋をし 人生初めてのどん底状態でした。
   自分の居場所のない私は「行ってきま~~~す」と制服を着て 
   何食わぬ顔で元気に家を出て 
   夙川公園で時間をつぶし 
   アトリエでお弁当を食べて 一日絵を描いていました。(おかあさんごめんなさい)
   
   先生は何もいわずアトリエのカギを開けておいてくれました。
   「学校やめてイタリアでもいったらどう?」といわれましたが 
   小心者の私にはそんな勇気もなく
   「今のままいるならちゃんと卒業せなあかん!」とだけ言われました。

   あの当時アトリエがなければ 私はもしかしたら夜な夜なパララ~パララ~と走り回り
   ヤンママになってたかもしれません。

   いつも何も言わず 自分らしくいることの大切さ 自由でいることの自己責任 
   小さな事にとらわれないおおらかさを 教えていただいたように思います。

   お子さんのいないご夫婦はいつも仲むつまじくとてもおしゃれで
   お家は先生が描かれる天使の絵がとても映える アンティークなインテリアで
   現実離れした空想の中に過ごされてるイメージでした。

e0228380_18142511.jpg

   

   仕事を辞めた私に今も続く子供の絵画教室を誘ってくださったのも杉浦先生で
   私は生徒として5年間お世話になったアトリエで
   今度は講師として務めることになったのが15年前でした。
   10年間毎週一回先生と30分ほどおしゃべりをすると元気になったものです。
 
   10年目に先生が急にアトリエを閉めると言いだされて 私は独立することになりました。
   「これからはゆっくり旅行をしたり絵を描くことに専念したい」とおっしゃり
   またお家に遊びに行きます!と言ったきり 一度個展でお会いしたきりでした。

   先日 先生から珍しく電話があり たわいもないことを話した後
   1カ月後にまた連絡をして欲しいとおしゃったのです。

   私は何か胸騒ぎがし 1カ月たたない間に直接お宅を訪ねると・・・ 
   奥様から先生が亡くなった事を聞きました。

   丁度私に電話をくださった1週間後でした。
   亡くなる前に誰かに何か伝えることはないかと奥様が聞くと
   先生は「気になる人達には電話でお別れをしたから大丈夫」とおっしゃってたらしいです。
   そしてちゃんと自分がいなくなったことを
   後で知らせるかのように私に伝えられたのでしょう。


   お世話になるだけなって何の恩返しもしていないのに・・・
   今 私が幸せに暮らすことが出来ているのは先生のおかげなのに・・・
   照れくさくて いつも肝心なことを伝えられない私・・・
   せめてちゃんとお礼が言いたかったです。

   「先生本当にありがとうございました。先生は私の心の支えでした。安らかに・・・」

   
   私の人生の中でお世話になりっぱなしで恩返しが出来ていない方々が沢山おられます。
   足を向けて寝れない方々が多すぎて立って寝ないといけません。
   感謝の思いはあってもちゃんと伝えないとわかりません。
   こんな後悔はもうしたくないと思いました。

   
   今週末は 久しぶりに父と母に会いに行こうと思いました・・・。





















   


   
   


   
[PR]

by acute-97 | 2012-11-17 18:35